ウキフカセ‼︎チヌの釣り方についてまとめてみました。

Pocket

どうもCCBです(-⊡ω⊡)+

今回は、僕自身がどのようにフカセ釣りをしているかの紹介をします。

◯道具一覧はこちら↓

フカセ釣りの道具 必要なもの

◯まき餌の作り方
まき餌は、2種類作成します。
集魚力があるもの、濁りがあるものなど…いろいろあります。
いく場所がはっきりしている場合は、そこの状況に合わせたりします。
チヌのまき餌釣りにおいて、重要なのは底までしっかりと効かせることだと考えています。粘り気があり、濁りながら落ちていき底についた状態で少し塊が残るイメージです。
なので、Bチヌ遠投は必ず入れています。
乗っ込みの時期などは、軽めの物も入れたりはしますが…底をイメージしながら食いがいい場合は、灼であまり固めないように工夫します。

【セパレートバッカンの使用例はこちら↓】

セパレートバッカンを使用してみた⁉️

 

◯沖磯や、地磯についたら
高台に登りましょう‼︎まずは、地形の把握から‼︎
そして、狙いたいポイントを考えます。

1.見るポイント‼︎
しもりの有無、藻場の有無、潮目の有無‼︎
しもりや藻場は、基本的に攻めるポイントに入れます。また、潮目は次に攻めます。
注意:潮目に関しては、潮の満ち引きによってポイントが変わります。なので、底に溜めることが少し難しくなります。
1番に、しもりや藻場から攻め、エサ取りが多いいなら潮目や徐々に沖に話していく。
居着きのチヌから攻め、回遊型を狙うイメージ‼︎

2.海の中の確認‼︎
ここでは、まず潮の流れの確認をします。
①で、決めたポイント近くにまき餌を撒きます。流れている方向を確認する。
二枚潮なのか?上側が滑っているのか?風の影響があるのか?よーく確認をしましょう。

3.仕掛け作り‼︎
①.②の確認が、済んだらまき餌を溜めます。
【ウキ】
潮の動きで、選んでいきます。
二枚潮や風が強いなら、浮かせて釣るより少し沈める。0シブから00、000までを使用しますが…しもりが点在するなら、0シブを選び沈みすぎないようにします。
沖を狙う場合は、大粒で荒れた天候でも耐えれるもの0号から、B〜3B
深いなら、5B〜1号までを使用します。
手前を攻めるなら、感度を上げて小粒ドングリタイプ‼︎
【重り】
基本的には、シブシブで水面から少し出るくらいまでに調整します。
例)0号のウキならナビの下にG5、ハリスにG62段打ち。
5Bのウキならナビの下に4B、ハリスにBとG5など
仕掛けと、まき餌がなじむように調整を細かくしていきます。
【ハリス】
しもりがある場合は、1.75号から波止などフラットなら1.25号をチョイス。
そして、餌が取られない状況が、続いたら号数を下げていきます。
注意:タナを探ったり、攻める場所を変えたりいろいろ行って最終的な判断時に変更します。
今までも、そういう手を尽くした後に号数を下げるとヒットしたことが、多々あります。
基本的に、取り込みの事を考えると、太いハリスがいいですが…太いと見切られることもあります。
【鈎】
まずは、ONIGAKE 遠投チヌ3号から使用します。
遠投チヌのいいところは、ケンによって餌ズレがしにくいことです。意外と、投げる時にオキアミが落ちてしまったり、ズレてしまうことがあるためです。餌が付いてないとつれませんよね٩( ᐛ )وそれを防ぐために、コレを使用します。
そして変えるタイミングは、餌が取られる状況でフッキングできない場合‼︎
大きくしたり、小さくしたりします。
また、ネリ餌を使う場合もネリ餌用の鈎に変えます。コレを怠ると、餌が落ちたりするのでチャンスを逃してしまいます。

これらをまとめて、初めの仕掛けを作成します。
そこから、いろいろ応用してチヌのいる場所にアプローチしていきます。

◯まき餌の撒き方
初心者の皆さんに注意していただきたいことがあります。
それは、ウキを中心にまき餌を撒くのではなくて、まき餌を中心に仕掛けを通していくという考え方を持つとこです。
CCBも初めたばかりの時は、ウキを投げそこにまき餌をかぶせてました。コレが一概に間違いではないのですが…この場合は、潮があまり動いてない状況ならOKです。
ですが…潮が少なからず動いている時にチヌの活性は高いです。
まずは、まき餌でポイントを作りその中にどうやって仕掛けを馴染ませるかを考えてください。まき餌の後ろからアプローチするのか、前に落とすのか、はたまた少しズラすのか…
あたるポイントを1個づつ変えながら探り考えていきましょう。
ただ慢心と釣るよりも出会える時間は短くなるはずw

1番大事なのは、まき餌と同調をイメージすること。エサ取りが多いいなら、少しズラすなど工夫が、必要です。

以上、こんな感じで釣りしてます。

みなさんの参考になれば、幸いかなぁ

では、皆様

良い釣行を\\\\٩( ‘ω’ )و ////

「ウキフカセ‼︎チヌの釣り方についてまとめてみました。」への4件のフィードバック

  1. 流石研究熱心ですね!私なんか海へ行って感で撒いて
    釣っています、今回も先週のリベンジで行ってきました、
    チョット小振りですが7枚ゲットしました。

  2. 磯魂さん
    いつも釣りに行って思ってることを書いてみました。
    感ってやっぱり経験値があるから成せる事だと思います。
    僕も、感で釣ってるって言えるくらい、経験値を積みたいです。

    爆釣、さすがですね\\\\٩( ‘ω’ )و ////

  3. ウキフカセの経験が少ないのですが…仕掛けだけでなくマキエに至るまで調整しながら釣るものだったんですね!流してりゃー釣れるわぁ〜なんて思ってた自分が恥ずかしい…とても勉強になりました_φ(・_・

    1. buryunntoさん
      どの釣りも奥が深いですよね٩( ᐛ )و
      いろいろ考えながらする釣りは、ほんと楽しいですw

      意外と、ぼ〜としてる時の方が釣れる時もありますくけどね(-⊡ω⊡)+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください