キザクラ 大知遠投60 LL

Pocket

どうもCCBです(-⊡ω⊡)+

今回は、僕の相棒‼︎

ウキ【大知遠投60LL】のご紹介

大知遠投60LL
大知遠投60LL

□ぶれずに大遠投の低重心設計
チヌ釣りの名手・大知昭氏の理論、知識、経験とKizakuraのアーマー技術を駆使した高精度浮力、高強度ボデイがコラボレーション! 大知遠投釣法の高性能フロートが誕生!

軽い仕掛けで深ダナへの攻略が容易
ぶれずに大遠投が可能な低重心設計。ウキ下部に設けている独自のタイドホールにJクッション水中などサポートアイテムが収まり、仕掛けが絡みにくく、よりスムーズな大遠投が可能。また、タイドホールで潮を噛むので、ウキの安定性も向上。

IDRパイプ採用、上下にはGS(ゴールドサーメット)リングを使用で仕掛けの入りは スムーズ。
サイズ L,LLの2サイズの展開。
規格L,LL各000,00,0シブ,0,B,2B,3B,0.5,1の9規格。
サイズ L29φ×31.5mm   LL31,2φ×34.4mm
自重 L 15.2〜10.9g LL19.4〜15.2g
カラー オレンジ・ディープイエロー

基本的には、0号をメインで使用して行きます。また、ナビorカラマンボウに【Jクッション水中】を使用します。これは、タイドホールにしっかり収まるので、仕掛けの投入にストレスなくできます。

これが、意外とガンクッションだと絡まることが時々ありました。

糸落ち加減は、黒魂アクセルの方がいいですが…ナチュラルに落としたいときはこちらがいいように感じます。

あとは、大粒で遠投が効き、視認性も抜群‼︎遠いいところにあっても、あたりがよくわかります。

これからはじめようと考えてる方が、いらしたら是非使ってみてくださいね(*≧∀≦*)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください