高里さんにいろいろ聞いて見た‼︎

Pocket

第32回G杯争奪全日本がま磯(グレ)選手権で、優勝されたモンゴル800の高里さん‼︎

フィッシングアパレルのテトラポッツ代表でもある超有名人(´◡`๑)

高里さんに、グレ釣りについて聞いて来ました。

©︎『最近、須崎でよく釣りにきているんですが、グレ釣りの上手くなるコツみたいなのはあるんですか?』

高『固定概念にとらわれない事ですね‼︎いろいろ試す事が大事です。』

©︎『この間、巨大なグレに何度もラインを切られたんですが…その時どう対処したらいいですか?』

高『どうしても切られるのは、仕方ない部分はありますよ‼︎ただ、沖縄でタマンを釣りあげる時、耐えて耐えてもうダメだ‼︎と言う瞬間にベールを上げるんです‼︎』

©︎『ベールですか?』

高『そうベール‼︎するといきなりフリーテンションになり、魚がビックリしてパニックになるんですよ‼︎それから、またイトフケをとってバトル再開❗️それを何度も繰り返して取り込むんです。レバーだと、あくまでも魚にはテンションがかかっているのがわかるから、まだ逃げ切ろうとするんです。』

©︎『めっちゃ勉強になります。他にはどんな手段がありますか❓』

高『ストロングスタイルかなぁ!1号ウキに太ハリス、大きめの鈎‼︎魚が餌を食べている状態なら、やって見てください。』

©︎『1号のウキを使う理由は、なんですか?』

高『魚が餌を食べている状態なら、鈎には触れてるって事ですよね‼︎たべて吐き出してる‼︎だからあたりが取れない‼︎そこで、鈎を大きくするんです。食べた時にかかりやすくする為に』

©︎『でも、違和感があって吐き出しますよね‼︎』

高『そこで1号ウキが、役立つんです。浮力を大部分残して、ウキに合わせを入れてもらうんです。サラシのきつい場所などでも出来ますよ‼︎』

高『いろいろ試す事が大事です⁉︎釣り場でも頭の中を1度リセットするとまた、違うものが見えてきます。それが釣りの面白さかなぁ‼︎正解がないからね。』

©︎『ありがとうございます😊今度、梅雨グレに行く時にやって見ます。』

てな感じで、少し僕の記憶の中をほじくり返して書いたので、違うかもしろません。

ですが、疲れて休憩しようとしてる時に声をかけ、いろいろ教えてくださった事に感謝ですm(__)m

みなさんも、是非ストロングスタイルやヤバめのベールを試して見てください‼︎

それにしても…うちの嫁に写真見せたら兄弟みたいだね笑って言われました‼︎

確かに似てるかもw

それではまた〜٩( ‘ω’ )و

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください