釣行記17/07/08舐めてるんじゃね!【バラシの原因を考える】

Pocket

雨、雨、雨!

こんな日は、テンションが下がり気味…CCBです(^◇^;)

でも、こんな日だからこそ、釣りは面白さを増すんだよねw

っとボヤキついでに、最近の悩みを打ち明けます。

それは…

せっかく、フッキングした魚を逃してしまう行為!

バラシorz

こんなに悲しいことはない!

なぜだ〜?

CCBの浅はかな見解↓

シャロー+足場高い=エラハライされやすい!

ここ最近は、ヒットするエリアが、シャローエリアでフッキングをするのですが…足場も高くうまくいってない。そして、タモに入れようとしているとシャローエリアなので、エラハライされやすい。

それで、何回もバラしてると考えました。

ですが…

うちのアドバイザー岩さんに、聞いてみると全然違う答えが返ってきました。

ライン8ポンド、ロッドはミディアムライトクラス!

ルアーは、デカアバカスに5/0サイズのフックを使用してましたが…

岩『それは、フッキングがちゃんとできてないんだよ‼︎』

©️『でも、ちゃんと合わせを入れてますよ!』

岩『バランスが、あってないと竿が合わせの力を吸収して、刺さりが弱くエラハライで、バレるんだよ!』

岩『ダンボールにフックをチョン掛けして、合わせを入れてごらん‼︎全然刺さらんから。』

©️『そうなんですか?やってみます。じゃ〜竿を固くしたらいいですか!』

岩『MHクラスのロッドなら心配なく、フッキング出来ると思うよ‼︎』

 

ここからは、バスの気持ちを…

 

バス『そんなパワーで、フッキングした?舐めてんじゃねーぞ‼︎』

 

©️『参りました!』

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください