川村光大郎流キャスティングのコツ!【振るんでなくて、遠心力の飛ばす。】

Pocket

キャスティングのコツ!

それは、振らない

ってそれじゃ、飛ばないじないか!

…と不思議に思った方。おいらも不思議に思いましたが、今回のゲストさん(釣具のポイント)に教わると、確かに振ってない!

その事とタメになるお話を書いて行きます( ̄^ ̄)ゞ

今日のゲストさんは、川村光大郎さん!釣具のポイント水島店で、イベントをされてたので、早速行って来ました。

到着したのは、2時30分くらい。第2部の開催時間には間に合いましたw

お話しされた事。

◻︎シンキングプロップベイト

◻︎ベイトフィネス.ジグ.ファイン

◻︎キャスティングのコツ

おいらが、聞いたのはこの3点!

1.シンキングプロップベイト

先ずは、シンキングプロップについて

これは投げて巻くだけで魚を引き寄せてくれるルアー!もちろん表層をゆっくり巻くことができますが、シンキングなので中層もゆっくり巻くことができます。

そのゆっくり巻くのとは、ギャップにプロペラが高速で動く。これが、すれたバスに猛烈にアピールすることができます。

ただし、バスが釣れたり何かにぶつけると、プロペラが曲がってしまうので、そこは直しが必要です❗️

2.ベイトフィネス.ジグ.ファイン

シリコンスカートの巻かれたヘッド部とオフセットフックをリングでつないだ、見た目スモラバのルアーです。

特徴①として、オフセットをつけることにより、圧倒的に根がかりしたない事。光大郎さんはストレスフリーな釣りがしたい人だと感じました。ブレーバーのスナッグスネコリグもしかりだと思います。しかも、ジグ ファインと合わせると神がかった動きになるそうです。ヘビーカバーにも、じゃんじゃん投げ込んで行こうと思います。

特徴②として、オフセットフックを別のものに変えれます。サイズに合わせて、変えて見てください!

3.キャスティングのコツ

藪漕ぎ大好き、光大郎さん!キャスティングするにも横にも縦にも振れない状況が、多々あるそうです。そんな中、遠くに飛ばすには、振らずに遠心力で飛ばす事。そして、手返しも早くする!

そのコツとは、竿先から少し垂らし(見た目40cmから50cmくらい)竿先を中心として、反時計回りに回し、ルアーが6時の方向から5時のあたりで、親指を離すとまっすぐ投げれます。さらには、巻き上げながらそのままキャストすることにより、手返しを早くする事ができる。

文字で、説明するのが難しいのですね。また動画で詳しく説明したいと思います( ̄^ ̄)ゞ

このキャスティングをマスターすると、どんなところにも対応できる!バスに出会える確率が上がるかもw

皆さんも試して見てね〜!

因みに、おいらは戦利品にFINEの非売品CAPをGETして、写真も撮っていただきました(´◡`๑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください