(1m2秒)の世界!

Pocket

どうもCCBですd(^_^o)

今回は、Basser【2018/03】を読んでいて勉強になった事を書いていこうと思います。

これを書くキッカケになったのが、BOKUTACHIメンバーで、オリジナルルアー(スモラバ)を作る人がいるので、参考にと思ったからです。

って事で、タイトルの1m/2秒の世界とは、理想的なフォールスピードの事です。

【並木敏成様いわく】

このフォールスピードがちょうどいいし、バスが食うスピードみたいです。

ラバージグ+トレーラーのバランスの基準にしていろいろ試してみたいですw

そして、トレーラー選びの基準は『動く事』これは、大事ですよね。ラバーの太さやトレーラーとのサイズのバランス。一度作ったら試投はした方がいい。プロの方は、ラバーをカットしたりトレーラーの動かない爪なども取ったりしているようです。

うちのチームのメンバーにも1人スモラバをこよなく愛する「タダッチ」さんがいます。

「スモラバが、あれば一年中釣りができる!」っと力強く力説されてたのを思い出します。

たしかに、タダッチさんが作ったスモラバ(タダラバ)が爆釣しました。しかもでかい個体がw

嫁の爆釣劇

そのタダラバも、フワフワとラバーのアクションに加え、ドライブスローもしっかり爪のアクションが出ておりました。

少しフォールスピードは、遅めだと感じるのですが、アクションは自発的に動いてくれるます。

自分の黄金比を見つけるべく、いろいろなトレーラーをつけて遊びたいですね〜

詳しくは、BASSERを買って読んでみてください(^人^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください