釣行記18/03/25 第8回係釣カップ in Yanaihara

Pocket

どうもCCBですd(^_^o)

今回で、2回目の参加。係釣カップに行ってきました!中々、バズボートでの釣りをすることがないおいらにとって、刺激的な大会になります。

まだまだ肌寒い朝を迎えながら、おいらのテンションは春爛漫。

早速、釣りに行ってみましょうd(^_^o)

まずは、この日のデータから↓
2018/03/25
小潮(月齢7.6)
天気 曇りのち晴れ
風 お昼前過ぎから、南風が強くあたる。

みんなで、協力をしながら船を湖上に下ろしていきます!


そして、おいら達のグループはフライトが後になり上流から流していくことになりました。

水温は、11.5度と少し冷えているのかなぁ?っという状況。バイトもあまり動いてない状況だと思いましたが、ワンチャンあるかもと【一誠 ギルフラットスイマー】をジャークさせて沈ませて、1mラインをゆっくり巻き倒しました。
ところが…チェイスも何もなく(^_^;)もう少し、深い棚を攻めることに
【一誠 ギルフラット】3.5gのバレットシンカーに、ネイルシンカー(2.5g)を入れて、3m〜5mラインのブレイク上を探ることにしました。

フナボール(フナの群)が魚探に写されていたタイミングのすぐ後に、ドアを2回ほどコンコン×2とノックされた感じで、あたりがありましたがバイトまで至らず…

【ハイドアップのクランク】にも持ち替えましたが、そのあとにあたりはもらえませんでしたorz

そんなこんなで、上流で風が吹くタイミングまで、シャローエリアで粘りまさしたが、魚の反応は無し!
すると、後ろでの絶壁岩盤エリアでは、アーリーさんが、3匹も釣り上げてる。

(詳しい説明を聞かせていただいたので、後半でご紹介いたします。)

お昼前に、水温は12.3度くらいまで上がり魚の目線も少しは、上向くはず!


そこで、おいら達も釣れている絶壁岩盤エリアにエントリーする事に
すると、50アップのバスが、スーパーシャローに隠れている!
おいらのボーダーのイッキさんが、戦闘モード

カバーが密集しているエリアに、神キャストが決まりバスもパクりんちょd(^_^o)

55cmのデカバスちゃんではありますが、ダイエット気味!ライブウェルに入れますが、ちょっと危ない感じ。

運営のとしあきさんに相談すると
こんなアイテムが↓

重りに、輪ゴムで通したもの!
これをバスのお腹あたりにつけてあげます。そうすることで、バスの姿勢が立つようになります。
弱ったバスは、空気が入り斜めに浮いてしまいます。体力が回復するまで、つけてあげると元気に帰って行きますよ。

その後、そのエリアで頑張りますが…完全に無の状態。帰港して検量の時間。
今回の大会は、5名釣られておりました!


コンディション抜群のナイスバスちゃん達。いや〜流石の一言ですわw

そして、優勝したアーリーさんの釣れた状況を教えていただきました。

先週のプラをした時は、岩盤エリアで釣れたそうです。
そのプラと同じように、流していると釣れたそうです。

【Jackson BFカバージグ】+【RAID Japan バトルホッグ2.6in】

魚が早い動きを嫌うだろうと感じて、キャストしてズル引き!スタックしてもほぐしながら、外すのを心がけるとそれに反応して、釣れたみたいです!

アングラーズロッジのとしあきさんの呼びかけにより、NBCの選手やローカルアングラーまで、本当にたのしぃ大会でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください