釣行記18/05/03 見えているだけで、釣果が変わる!偏光グラスの力

Pocket

どうもCCBですd(^_^o)

中々、釣れない状態がつづいているので、新規開拓に出かけてみました!

新規の場所は、車や自転車では行けない、野池!

道具一式担いで、登山してきました。

見た感じ釣り人の気配がないが、シャローには子バスが集まっている。これは、期待大!キャストが届く距離のオーバーハング側に、OSPのハイピッチャーをキャスト!

着水と同時に、バスがバイトしたのが見えた。フォローにOSPのゼロスリーハンツ9g+ドライブシャッド をキャスト。

今度は、しっかりバイト

オーバーハングから、何とか釣り上げることが出来ました(*≧∀≦*)

嬉しい1匹です。

そして、みなさんにオススメしたいのが、偏光サングラス

おいらが愛用しているのは、ティムコ【サイトマスター インテグラル】

川村光大郎さんが、愛用しているモデルです!

最近、ゴールデンウィークということで、たくさんのアングラーさんに出会います!その時に、気になるのは偏光グラスをしていない。釣り場に着いて、先行者の方がいたので、お話を伺うと『バスは居ないですね(^◇^;)』っと場所を譲ってくださいました!だけど…目の前にバスはいる

えっ?いるよ〜

確かに、偏光グラスを外すと風で水面が波立裸眼だと見えない!ちなみに、その方は偏光グラスは、されておられませんでした。釣りにおいて、見えるのと見えないのでは、大きな差が出てしまいます。

今回のオーバーハングにキャストして、バスがバイトしたのも、ラインに当たりが伝わったわけでもないので、偏光グラスをしていなければ、気づかなかったであろうと思います。

すごく、細かく説明をしてくれてるブログがあるので、是非読んでみてください(^人^)

ライズトリガー さんのブログ

そして、動画がこちら↓

ちなみに、裸眼でもうちの嫁は、よくバスを見つける。サイトマスターを使用しているおいらよりも、いち早く見つける様は、鷹の目!島育ちの天性の釣り師は違いますね(*≧∀≦*)

みなさんも、是非偏光グラス使ってみてねd(^_^o)まだ見ぬ魚に出会えるかもw

それでは、また〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください