AKチャンクを買ってみた!ついでにジグもねw

Pocket

どうもCCBです!

久しぶりの更新。それは、前々から気になっていた一誠のAKチャンクを購入してみました!

まずは、商品紹介から

AKチャンク 4inch 5個入り

ソルトボディとノンソルトボディの2種類があります。

ソルトボディとノンソルトの使い分け
○ノンソルト(塩無し)
塩がないことで、比重が軽く身持ちもいいです。なので、パンチングやカバー撃ちなどの場所、そしてアクションも柔らかいので、動かした時のキレのあるアクションなどもやりやすいです。

○ソルトボディ(塩有り)
比重が重く、倒れこみなどのアクションやズル引きでの水推しがよく出るみたいです。おいらの苦手な放置プレイにも向いているみたい!
使う場所としては、リップラップエリアや粘土質の場所で放置プレイをしてみたいですね。笑笑

おいらは、実際ポークに興味があり、探していましたが、中々手に入らないみたいなので、【AKチャンク】の購入に至りました。

早く使ってみたいですね!

そして、合わせて買ったのが、AKラバージグ!

これは、AKチャンクに合体させると、鬼に金棒!【無双】状態になるみたいです。

特徴的なのが、低重心設計のフラットヘッド!そして、フックキーパーにも重りがはいっております。そうすることにより、AKチャンクをセットした際に、立ち上がりを抑えることができます。
[おいらは、今までジグなどは、立ち上がっていた方が、フッキングもよく、根がかりしないと思っていました。]だけど、これは違うみたい。ギルなどが、餌を探して、ついばんでいる状態のイメージより、ザリガニなどは、身を隠す姿勢を取るため、寝かせた方がより、自然な状態を見せることができます。『これで、爆釣w』

そして、フラッドヘッドの特徴として、ストラクチャーやカバーを理想的なアクションを加えながら巻いてくることができます。ただ単に丸いものやフットボールジグの単調な動きしか出せないのとは違い、フラッドヘッド形状により横に倒れこみことが稀にあるそうです。
それが、単調にならず見切られにくい!美味しいアクションが生まれる。

CCB『これは、使ってアクションを確かめねば!』

[フックサイズ#3/0]

セットの仕方としては、AKチャンクの足を6本、取っちゃいます!

『中々、もったいないですが、思い切って切断(^◇^;)』

こんな感じ!

そして、セット方法は、AKチャンクのくびれに対して、1個目のリブの部分まで差し込む感じ!

完成形は、こちら

ん〜釣れる気しかしない!

早速、使ってみるべw

また、使ってみたときにインプレを書いて行きたいと思います。

それでは、また〜

[参考動画]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください