釣行記19/09/15レイダウンの攻め方

Pocket

どうもCCBです〜

今回は、ファミリーで野池に行ってまいりました。

野池は、メッキリ秋模様。シャローエリアには、子バスは群れていて、大きいやつは沖の方でボイルしている感じ!

こんな時は、とりあえずシャローエリアから一段下のブレイクラインを攻めるようにしております。

先日に、魚群探知機のdeeperで、探し当てたブレイクの一段下側をジグで、ズル引きやベビダンで、少し上を狙いますが反応なし!

そこで、段の上側をクランクで巻く事にしました。

しかし、ついてきたのは子バスのチェイスのみ。

って事で、場所移動!

選んだのはブレイクがあり、ベイトが集まる場所…レイダウン[木が水に浸かっている場所]

めっちゃ魚突きそうでしょw

って事で、早速リグります!

[レイダウンの攻め方]

◽︎ライン

16ポンドを使用して、まかれても引き上げれる強度を保つ。

◽︎リグ

フリーリグを選択しました。シンカーには、海で使用するナスオモリ[リーズナブルですよw]

それにフックにも気をつけます。選んだのは、ワイドゲープである事と鈎先がネムリ(内側向き)である事。

ワイドゲープである理由は、フッキングを良くするため!しかし、外を向いているフックだと、根がかりしやすいので、鈎先をワームに隠せるようにしました。

選んだワームは、ノリーズのエスケープツイン!オモリがフリーになっているので、着水後のオモリが、ワームを引っ張る時のアクションは、早めのフォールをして、シンカーが着底したら、フリーフォールに変わるようにしました。

スピードの変化を出すようにしました。

っとこんな感じで、いろいろ考えながらリグを作り、レイダウンに放り込んでいくのですが…これが本当に根がかりしないw

息子達にも投げてもらいますが、正直ビビってましたが、それが分かると楽しく投げていました。

そうしていると、バスも連発し出し

気分も上々〜

腹パンのナイスコンディションバスちゃんです!

そして、嫁はというと

枝の先端部分にジグヘッドを投げて、放置プレイ!

時々、ピッピっとアクションを加えると

顔が50アップ並みの40後半のバスちゃんをGET!

仕掛けは、こんな感じ。

この仕掛けのキモは、チョン掛けっという事!ワームが自由に動く事で、魚に違和感を与えないっという事。

そして、ラインの角度が重要です。本来、このリグはストラクチャーやカバーには弱いです。しかしながら、ラインの角度を出来るだけ上げる事で、障害物をかわしてくれます。

「気をつけても根がかりするときは、あるけどね(^_^;)」

とりあえず、こんな感じでCCBは、レイダウンを攻めております!

みんなも試してみてね〜

それでは、また((^┰^))ゞテヘヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください