JIN・KUNIYASU・MIYAICHI Open tournamentに参加してきたw

Pocket

10月6日日曜日にバスボートでの大会に、ノンボーダーとして参加してきました!

フィールドは、高梁川!

1匹ウェインすれば、表彰台確定だと言われるほど渋い川として有名ですが、果たしてCCBは、釣れるのか?

早速、書いていこうと思います。

当日の朝6時にみんな集合して開会式を行います。

周りには、猛者ばかり…

これは、胸を借りるつもりで、挑んできました。

最初に訪れたのは、猛烈なリップラップエリア!

根がかり必須ポイントですが、バスのストック量も多いいはず。

CCBは、迷わずクランク[osp ブリッツ]を選択。

投げ込んでいきます!

投げてみてわかったのは、大きな凹凸が点々としていること!

正直あたりだとわからなかったが、大きな岩に当たった後にヒット。

見た目は、40前半!

ランディング時に、最後のジャンプで逃げられる(T . T)

状況としては、前日よりも濁りが入って、流れがない!

以上のことを頭の中で整理します。

濁り対しては、ハイアピールできるものplus派手なもので気づかせる!

流れがないことに対しては、まったりしているバスが基本的に多いいのではっと考えました。ならば、リアクションバイトをさせれるものっと事。

日も上り出したタイミングで、フラッシング効果のあるカラーのミノー[RAIDのレベルミノー]を選択。

まわりにもトーナメント参加者が集まる中!

1匹をかけました。

見た目30後半かなぁ?

慎重にやりとりしたのが、逆効果に…

強引に抜けば良かったと、後の祭りで2バラシで終了。

最終的に、50アップが2本出たそうです!

いや〜さすがだなぁっと、次回に向けて少しでもスキルを上げていきたいっと思います。

それでは、また〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください