ラインカットとラインメンテ

ライフジャケットの外につけるピンホイールにつけております、ラインカットとラインメンテ

ラインカットとラインメンテ
ラインカットとラインメンテ

ラインカットの使用頻度はかなり多いいので、すぐに使える場所につけることをオススメします(^人^)

僕は、結構自分の歯を使ってしまいますが…衛生上あまり良く無いかも(^^;;

また、ラインメンテですが…これは仕掛けが絡まったりしてクセがどうしてもついてしまいます。その部分をつかんで引っ張るだけで大概のクセは、とれます。こう言う細かいところをきにすることで釣果に繋がるかもね〜*\(^o^)/*

 

ライフジャケット

ライフジャケットについて、これは釣りに行く際は必ずして欲しいです‼︎

海に落ちたりすると救命胴衣になります。その他には、磯などや堤防などで釣りをする際に、ポケットに沢山道具が入れれるので手返しが早くなります。

高いものでもいいのですが…最初は安くても安全の為つけて欲しいです(^人^)

ライフジャケット
ライフジャケット

ロッドケース

ロッドケースについて

磯などに上がると、どうしても必要になってきます。

ロッドケース
ロッドケース

渡船に乗るときも置き場所に困ってしまうので(^^;;また、選ぶ基準としては、セミハードかハードなもの柔らかいと中の竿など道具が壊れてしまうことがあります…

 

杓とシャクホルダー

杓は、Daiwaを使用しております。

遠投用と近投用の2種類!

杓

『左』近投用は、カップも大きめのもの

『右』遠投用は、カップの小さなものにしております。

 

 

 

 

 

 

杓ホルダー
杓ホルダー

そして、シャクホルダー

これが無いと、カップについたまき餌が離れなくなってしまいます(^^;;僕は、3投に一回のペースでシャクホルダーに入れて洗います。

 

タモ

タモとは、網ですw

僕が使用しているには、5mの長さのものを使用してます。

瀬戸内海の波止で釣る場合はこれくらい無いと、たわないことがあります(^^;;

タモ
タモ

できれば6mあっても大丈夫だと思います。磯場に着いたら、まず最初に準備するのがタモです‼︎なぜかというと、風などに道具が飛ばされたり…誤って落としたりした際に、準備できているとすぐに回収できます(´◡`๑)

これで何度助けられたか(笑)

 

道糸

道糸は、2種類用意しております。

まず、サンライン『磯スペシャル ファインフロートII』2号

糸の水はけが良く、ライン操作のしやすさがすごくやりやすいです。浮きすぎず沈み過ぎないのと、糸の経年変化もだいぶ改善されています。

いろいろ試しましたが、コスト的にも操作のしやすさも含めて

my best lineです(´◡`๑)

もう1つは、サスペンドラインです。メーカーは、varivasを使用してます。大会の景品でいただきました。沈めて釣る時に使用しています。

提供元 サンライン
提供元 サンライン

another fishing site